水素水とは??

水素水が現在、生命エネルギーの活動にとって、一番大切な元素としての役割を担っていることが近年発見されました。。宇宙が生み出した水素水の機能の役割は、いまだに人体60兆個の細胞の隅々に残っています。
 生物の活性エネルギーやATP酵素の産出など、すべて水素イオンのエネルギーが大きな影響力を持っていることに様々な研究の結果、明確に証明されてきました。。
 これからの医学は、再び水素水のメカニズムの解明からスタートすると言っても過言ではありません。病気の根本は、水素水を抜きにして語れない時代になってきたのです。
 ところで、健康な体にとって、良好な水環境の維持と電解質イオンのバランスは大事なのはご存知ですか?病気の治癒力や身体の免疫力は、身体の主要元素の働きや、微量元素などの存在比率に大きく影響を受けているのです。
 なかでも水素は、身体の中では水として存在する他、生体を構成するタンパク質、遺伝子のDNA、糖質、脂質に広く含まれます。
 水素は生体元素の中で、酸素、炭素についで多い元素であり、体重の10%の量を占めています。また水は人体の約70%を占めています。
 このように、体内には水素と酸素が多く、その影響を強く受ける生体内細胞を中心にした水環境は、活性酸素や電子の影響を直接受けやすいことが理解できるでしょう。


なぜ今水素水なのか??

 人々が水素水に注目する理由は何かと考えると.やはり地球の温暖化、環境問題から一番クリーンなエネルギーであることでしょう。
その上、最近、医学の基礎的な実験で、健康効果を示す結果と論文が多数発表されていることもあるでしょう。
また、水素を物理的、電気的、生物的な面から、次のような項目が挙げられると思います。
 ①水素水から生まれる低電位、還元力という電気化学的特性が存在するため。

 ②水素の分子量は1で、極めて小さく吸収性も高くほとんどの物質を通過すること。
 水素水は体内および細胞にもくまなく行き届き、ミトコンドリアや核などに直接作用し、また、生命の微小分子モーターのエネル ギー源となります。

 ③水素は酸素(活性酸素)と反応して、水に変わる極めて安全性の高い物質です。


この三点は、水素水と体を理解する上で、特に重要な項目になるでしょう。
 最近話題を集めている水素水ですが、まだまだ一部に、水素水の医学効果には懐疑的な見方もあります。
 しかし、臨床的な側面から興味を抱く医者も増え、実地の医療と基礎研究での理解は徐々に進んでいます。
 ところで、今日の水素水の分野では「活性水素」という言葉が先行して、水関係分野の学者間で白熱した論議が続いています。
 さらに最近の水素水の研究では動物実験に裏付けされた研究報告が多くなされるようになりました。
 水素ガス、水素分子という現実的な化学用語で検証されていることは、学術的な面でも評価され、誰もが納得しやすいものです。
 ただ、学者間相互の研究の専門性、独自性から、水素ガス分子の水素水、原子状水素の活性水素水、マイナス水素イオンなどの呼び方と認識に、それぞれ異論・激論が飛び交うのは、水素水の性質上やむを得ない現実があります。


水素とは?